«

»

10月 28

Print this 投稿

’10 11月度フォーラム及び忘年会開催のお知らせ

会員各位、学生諸君、大学技術士連絡協議会各位

立冬という言葉が正に合う頃に一気になって参りました。11月フォーラムとして下記次第を開催致します。関係者、知人にお誘いあわせの上、多数ご参加いただきますようお願い申し上げます。

桜門工業クラブ理事長大内 達史
桜門技術士会会長山口   豊

 

 「 廃棄物の超深海溝への貯保管 」

 

 22年度の行事計画に倣い11月のフォーラムを開催します。本年度2月フォーラムにて、「我が国の放射性廃棄物処分の概要及びそれに係わる近況」をテーマとした藤谷会員による核廃棄物処理現状に関する講演開催を行いましたが、この際、活発な質疑応答がなされました。そこで、今回はこの様に我が国の放射性廃棄物処分に係わる思考・思索」をテーマとする第2弾として、2月フォーラムにてプロローグを呈された古川会員が独自研究される「核廃棄物の超深海溝への貯蔵・保管」について講演を願うものです。
 古川典保氏は、核廃棄物の増加に対応・善処できる提案として、核廃棄物の処理・保管に関する現状の問題点及び解決手法として、超深海溝の利用を独自に長年研究してこられております。是非、ご聴講され、闊達なコミニュケーションを図って頂きたく思います。
 尚、当フォーラムは、桜門工業クラブ並びに桜門技術士会会員の参加を歓迎するだけでなく、学生諸君、大学技術士連絡協議会メンバーの皆様の参加を歓迎致します。
  

   = 講師紹介 =
 古川 典保 (桜門技術士会会員)

[専門分野] 
[勤務先]   EIS技研 代表

  = フォーラム概要 =
● 共   催  : 桜門工業クラブ、桜門技術士会
● 開 催 日   : 平成22年 11月29日( 月)
● 開催時間  : 16:30~18:00
◆フォーラム  16:30~18:00
◇懇 親 会   ※今回はございません。
是非忘年会にへご参集下さい。
●  場  所 : 日本大学理工学部 駿河台校舎 5号館
◆フォーラム  524大会議室(2F)
●  会 費  : 1,000円( ただし、学生の講演会参加無料)

 

」 のご案内

  季節の急変遷の最中でございますが、皆様にご連絡したく参加をお待ち申し上ております。どうぞ宜しくお願い致します。

日時 : 11月29日(月) 18時00~
場所 : [ ] えびす
千代田区神田小川町2-6-3 電話 03-5281-8248
  (JRお茶の水駅:聖橋改札脇から続く)駿河台校舎1号館前の
坂道を100m程下って、キッチンジローのある小さな交差点
から約10m下付近、キッチンジロー並びにあります。

会費 : 6,000円

Permanent link to this article: http://www.oumon.com/ipe/?p=1224