«

»

8月 01

Print this 投稿

H28年度 桜門フォーラムの開催広告

会員各位・学生諸君・学内関係者様・同窓生様

 昨年度、本学土木工学科教室主任の岸井隆幸先生を講師としてお招きして開催致しました『ビヨンド 2020』のフォーラムより、早1年が過ぎようとしております。本年度は、下記に広告させて頂くように、多種天災に多くみまわられる我が国にあって、被災し復興することの真意について、共に考えたいと思い、フォーラムの開催を考えております。

つきましては、以下に広告さて頂きます。

『 まちの震災復興の本質とは何か 』

- 土木ができる市民の復興の姿を描く -

_東日本大震災から5年経過し、復興の兆しが確認できる。土木技術者たちは、この震災復興のために、インフラの再建、国土の保全及び強靭化について重責を担い、逐次善処してきている。
_本来の復興する姿とは、どの様であるべきなのだろうか・・・? コミュニティやライフスタイルを取り戻し、市民の笑顔まで取り戻すことが復興と考えている。フフォーラムでは、震災復興にための本当に必要な姿を求め、土木をはじめとして、政治と経済に焦点を当て、まちの震災復興に重要なプロセスを浮き彫りにしようと考えている。
_関東大震災後、「土木の日大」と言われた。東日本大震災後においても「復興の日大土木」が活躍している。日大土木の底力をクローズアップしてみたい・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2016年10月18日(火)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・開催場所・・・講演会 : 理工学部御茶ノ水校舎1号館6F CSTホール
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・懇親会 : 同・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2F カフェテリア

_秋の桜門フォーラムは、ただ今、開催を目指し、鋭意、準備作業中です。逐次追いながら、開催案内をHPに更新掲載していきたいと思います。どうぞご期待下さい。在学生を交えた多数の同窓の方々の参加をお待ち申し上げております。

(桜門フォーラム終了後、講師を囲んで懇親会を開催致します。)

 以上

Permanent link to this article: http://www.oumon.com/ipe/?p=3006